• 6次産業化とは
  • 奈良6次産業化サポートセンターとは
  • 総合化事業計画とは
  • プランナーの派遣・相談
  • 研修会・交流会
奈良6次産業化サポートセンター

奈良6次産業化サポートセンター 6次産業化が地域の未来を拓く 6次産業とは、1次産業×2次産業×3次産業、地域の資源を有効活用し新しい産業やサービスを生み出していくことです。

奈良6次産業化サポートセンター 6次産業化が地域の未来を拓く 6次産業とは、1次産業×2次産業×3次産業、地域の資源を有効活用し新しい産業やサービスを生み出していくことです。

6次産業化とは

6次産業化とは、「1次産業(農林漁業)」、「2次産業(加工)」、「3次産業(流通・販売)」の融合を図り、農林水産物等に新たな付加価値を生み出すことで、農山漁村における所得の向上、収益性の改善、雇用の確保に結びつけ、農林漁業の発展と農山漁村の活性化に寄与するものです。

6次産業化に取り組む付加価値について

6次産業化に取り組む事で、地域資源を有効活用し2次・3次産業との連携によって雇用の創出や所得向上等の新たな付加価値が創出されます。

農山漁村の豊かな地域資源 農林水産物 バイオマス●麦わら●食品廃棄物●未利用間伐材 そのほかの地域資産●経験・知恵●風景●自然エネルギー●伝統文化…等 →地域資源の有効活用→マーケットの拡大を図りつつ農山漁村の6次産業化 ●生産・加工・販売(流通)の一体化による付加価値の拡大 ●2次・3次産業による農林漁業への参入 ●農林漁業と2次・3次産業との連携・融合による地域ビジネスの展開や新たな産業の創出→新たな付加価値を創出→雇用の創出と所得の向上による農林漁業者の経営発展・次世代を担う人材の確保

六次産業化・地産地消法とは

六次産業化・地産地消法「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」(平成23年3月1日施行)は農山漁村の6次産業化を促進するため、農林漁業者等による農林水産物およびその副産物(バイオマス)の生産および加工または販売を一体的に行う取組等を創出することを目的とした法律です。この法律により6次産業を推進しています。

▲ページトップへ

▲ページトップへ